空手の試合ルール

空手の試合ルール

空手のルールの基本を紹介しています。空手のルールってこんなもんなんだーとざっくり理解していただければと思います。

 

空手のルールは決まってない!?

まず空手というのは柔道のようにこれといったルールがありません。

 

正確にはルールはありますが、流派によって試合規則や教わる型が異なるので「空手のルール」というものを十把一絡げに語ることはできないのです。

 

※ちなみに柔道のルールについては講道館に統一されており、どんな道場も教える型・訓練法・試合規則が同じになっています。

 

 

空手の流派

空手の流派は大別すると伝統派空手とフルコンタクト空手の二つに分類することができますが、さらにそれぞれにまたがる流派が多く存在しています。

 

※伝統派空手とフルコンタクト空手の説明については【空手の流派の種類】を参照のこと。

 

ルール違反について

伝統派空手においては突きも蹴りも寸止めです。直接攻撃というのは危険行為としてルール上アウトになってしまいます。伝統派空手というのはようは相手をKOできる技を制御して止めるのがルールですので、それができなきゃ失格なわけです。

page top