空手とは

空手の流派の種類を紹介しています。空手の流派の種類は大別するとは伝統派空手とフルコンタクト空手の二つに分類することができます。伝統派空手とは古流の伝統的技術に基づいて稽古や試合を行う空手の流派・団体のことです。一般的には直接打撃を避けた寸止め空手のことを指していますね。フルコンタクト空手と対比する目的に使われることが多いです。伝統派空手の特徴礼節や哲学を重視する。フルコンタクト空手よりも型の練習を...

空手にはいくつもの流派があることはすでに他の様々な記事で紹介してきましたが、流派によって具体的にどのような違いや特徴があるのでしょうか。流派による違いとは空手というのは多数の流派が存在しており、流派によって教える型訓練方法試合規則などが違ってきます。講道館でこれらが1つに統一されている柔道とは大きく異なる部分ですね。伝統派とフルコンタクトの違い・特徴流派は大別すると伝統派空手とフルコンタクト空手に...

空手の流派というのはとても多いので入門段階でどれを選んでいいのかわからない・・・という人も多いと思います。おすすめの流派ってなんなの?というよくある質問にお答えします。おすすめの流派とはおすすめの流派は何を目的としているのか、自分の理想、好みなどによって変わってきます。以下にそれを決める基準となる点を何点か挙げるので参考にしていただければと思います。四大流派から選ぶ空手における最も主流な流派は一般...

空手の四大流派とそれぞれの特徴について紹介しています。空手の四大流派とは空手には複数の流派があり、それぞれの流派によって型や訓練方法、試合規則などが異なるわけですがその流派の代表的な存在として以下の「四大流派」というものがあります。右に記している名前はそれぞれの流派の開祖となった人のことです。空手の四大流派一覧松涛館(船越義珍/フナコシ・ギチン)剛柔流(宮城長順/ミヤギ・チョウジュン)糸東流(摩文...

空手の流派の1つである剛柔流(ごうじゅうりゅう)の特徴を紹介しています。剛柔流(ごうじゅうりゅう)の開祖剛柔流は沖縄県出身の空手家宮城長順(みやぎ ちょうじゅん)さんが開祖です。宮城さんは沖縄県那覇市に生まれて1930年に自らが作った唐手の系統を「剛柔流」と命名しました。剛柔流の特徴この流派は開祖の宮城さんが那覇手の祖・東恩納 寛量(ひがおんな かんりょう)さんから学んだ那覇手に独自の研究を加える...

空手の四大流派の1つである和道流(わどうりゅう)の特徴を解説しています。和道流の開祖昭和期を代表する空手家の1人大塚 博紀(おおつか ひろのり)さんが開祖です。大塚さんは当時本土で紹介されたばかりの空手に興味を示し、船越義珍に師事。そこで学んだ空手に新陰流等の古流剣術の体捌きを加えることで生まれたのが和道流です。唯一の本土発祥流派また和道流は四大流派の中では唯一の本土発祥流派となっています。他の三...

空手の四大流派の1つ松濤館(しょうとうかんりゅう)の特徴を紹介しています。松濤館流(しょうとうかんりゅう)の開祖とは松濤館流(しょうとうかんりゅう)というのは空手の流派の1つです。柔道の流派の中で最も普及していて世界中の人々に学ばれています。松濤館流の開祖となったのは近代空手の祖とも言われている船越義珍(ふなこし ぎちん)さん。船越さん自身は自分の流派は名乗らず生涯一貫に渡って無流派主義でしたが、...

空手の四大流派の1つ糸東流(しとうりゅう)の特徴を紹介しています。糸東流(しとうりゅう)の開祖糸東流の開祖は沖縄県出身の空手家摩文仁 賢和(まぶに けんわ)さんです。摩文仁さんが13歳の時と19歳の時に師事した糸洲安恒と東恩納寛量より一時ずつ取った「糸東流」を1934年から名乗っています。彼は東恩納寛量さんから学んだ那覇手、琉球古武術の棒術、釵術、神伝不動流などの本土の柔術など全ての技術と精神を融...

page top