和道流の特徴

和道流の特徴

空手の四大流派の1つである和道流(わどうりゅう)の特徴を解説しています。

 

和道流の開祖

昭和期を代表する空手家の1人大塚 博紀(おおつか ひろのり)さんが開祖です。大塚さんは当時本土で紹介されたばかりの空手に興味を示し、船越義珍に師事。そこで学んだ空手に新陰流等の古流剣術の体捌きを加えることで生まれたのが和道流です。

 

 

唯一の本土発祥流派

また和道流は四大流派の中では唯一の本土発祥流派となっています。他の三流派は沖縄出身者を流祖としていますが大塚さんは茨城県出身です。

 

和道流の特徴

和道流というのは松涛館から派生した空手技術と本土の柔術が合わさったものです。発祥元が柔術ということで投技・足技・受け身などなど柔術や柔道に似た技が多いです。

 

一言でいえば「柔道色が強い流派」といったところでしょう。

 

あとは無駄な動きが少なく最小限の動きしかしない点、一本目から十本目までの10種類ある約束組手なども特徴的です。

page top