糸東流の特徴

糸東流の特徴

空手の四大流派の1つ糸東流(しとうりゅう)の特徴を紹介しています。

 

糸東流(しとうりゅう)の開祖

糸東流の開祖は沖縄県出身の空手家摩文仁 賢和(まぶに けんわ)さんです。摩文仁さんが13歳の時と19歳の時に師事した糸洲安恒と東恩納寛量より一時ずつ取った「糸東流」を1934年から名乗っています。

 

 

彼は東恩納寛量さんから学んだ那覇手、琉球古武術の棒術、釵術、神伝不動流などの本土の柔術など全ての技術と精神を融合させて作られたのが「糸東流」なのです。

 

糸東流は現在世界中に広がっている流派であり、多数の分派・会派も創設されています。

 

糸東流(しとうりゅう)の特徴

突きや蹴りだけでなく投げや逆技といった技術を含んでいて、総合武道の色が強いのが大きな特徴といえるでしょう。

 

鍛錬の特徴としては巻き藁を使用した突きや蹴り、砂利の上での正拳腕立て伏せなど実践をより意識したものが主流になっています。

 

最小限の動作が基本であり派手な技こそありませんが、それは実践・理論的に技を究明した結果です。

page top