空手とは

空手着のサイズ選び方についてアドバイスさせて頂いています。また空手着の歴史についても簡単に触れています。空手着のサイズの選び方空手着を選ぶためにはまず自身の丈を測ることが必要不可欠になります。ショップごとに様々なサイズの空手着を用意していると思いますが、大抵は縮み率は考慮されていませんので、サイズ選択時にこちらで考慮する必要があります。サイズ表に関しては下記のサイトのものを参考にするといいでしょう...

空手の帯の締め方について簡単にポイントを解説しています。また締め方がわかりやすく紹介されているサイトやブログ、動画なども紹介しています。帯の締め方のポイント帯の結び方にも色々ありますからこれが正解というものはありません。以下のポイントはあくまで一例で参考程度にとどめておいてください。帯はただきつく縛るのではなく、より綺麗に見える締め方が理想的。一本縛りにすると背中側の帯が重なり綺麗に見えるのでおす...

空手の帯の刺繍に関するお話です。また刺繍における裏抜けなし・裏抜けありのメリットデメリットについても簡単に紹介しています。刺繍の色黒帯ならば黒にたいして映える色を使うことをおすすめします。黒に対しては金色や銀色を使っている人が多いと思います。この2色は黒との対比でとてもよく映えますよ。刺繍の方法通常刺繍は昇段・昇級と同時に刺繍入りの帯を授与されるか、帯の注文と同時にお店に依頼するかのどちらかで、自...

空手の帯の長さについてのお話です。帯の長さの表し方、どれくらいの長さがベストなのか、短いほうがいいのか長いほうがいいのか。帯の長さはどれくらい?空手の下に垂れる部分の長さはどれくらいにすべきか悩みますよね。短めにすべきか長めにすべきか・・・。人それぞれ好みにもよるでしょうが私の場合は30cmくらいにしています。まあ長すぎず短すぎず、上衣よりも少し長いくらいがベストな気がしますね。長すぎはNGたまに...

空手の帯を洗濯すべきかどうかということについて悩まれる方が多いようなのでアドバイスさせていただきます。帯は基本洗わない?まず基本的に帯というのは洗いません。洗うと帯が必要以上に柔らかくなり締めにくくなるからです。どうしても汚れがひどい状態なら手洗いすることをおすすめします。帯は武士の魂のような存在でもあるので機械に放り込んでぐるぐる引っかき回すなんてのは礼節を重んじる空手道的にタブーという考え方も...

空手道着の洗い方について気になる、黄ばみをとりたい!と思っている方へアドバイスをしています。空手道着は洗うべきか空手の帯については洗うと柔らかくなることから洗わないほうがいいと【空手の帯は洗濯する?】の記事にて解説しました。では空手道着はどうなのかというと、こちらはさすがに洗ったほうが良いです。やはり汗がかなりつきますし、放置すると臭いになってしまうので稽古毎に洗ったほうが良いでしょう。道着の洗い...

page top