空手のパンチの種類

空手のパンチの種類

空手におけるパンチ(普通は突きといいます)の種類を紹介しています。

 

 

空手のパンチの種類

空手におけるパンチ(突き)には主に以下のような技があります。

 

正拳突き・・・最も基本的な突き技の一種。ボクシングでいうストレートパンチ。

 

裏拳打ち・・・正拳を裏返した形である裏拳を使用した打ち技。肘のバネと手首の返しで素早く相手を打つ。

 

鉄鎚打ち・・・正拳と同じ握りにしつつ、手の小指側の側面を使って相手を打つ技。左右・前方・下方と広い範囲が攻撃範囲となる。

 

掌底打ち・・・掌の手首に近い部分で相手を叩く技。打った面を痛めることが少なく、打撃箇所の内部にまでダメージを与えることができる。

 

以上有名どころのパンチの種類を簡単にですが挙げてみました。厳密には流派によって違いますが基本はこんなところです。

 

空手におけるパンチの特徴

空手のパンチは常に一撃必殺を目的としています。そもそもの由来が武道ですから、ボクシングのようにジャブを入れようとすることはありません。一撃で決める。これが昔からの空手の信条になります。

page top